ザイザル
  • ホーム
  • ザイザルの副作用はどんなものがあるのか

ザイザルの副作用はどんなものがあるのか

ザイザルはヒスタミンとアレルギーの原因となる物質の結合を妨げてアレルギー反応が出ないようにする薬です。
抗ヒスタミン薬とも呼ばれており、花粉症などの時にも利用されている薬です。
これまでの抗ヒスタミン薬は副作用として眠気が出てしまうというものがあり、仕事や自動車の運転などをする人には不向きなものでした。
ザイザルはこの副作用を抑える効果があるため、今までの抗ヒスタミン薬が飲めなかった人にも利用しやすいというメリットがあります。
しかしザイザルは薬のため、少ないとは言われていますが飲むことで副作用が起こってしまう可能性があります。

ザイザルの副作用として報告されているのはだるさ、頭痛、倦怠感、口の渇き、吐き気、食欲不振などが主なものです。
また、眠気の副作用が起こりにくくなってはいますが、体質によっては眠気を感じてしまうこともあります。
眠気と言ってもなんだかうとうとするな、程度のものであまり深い睡眠状態になることはないと言われていますが、注意が必要になります。
これらの症状は危険な副作用ではありません。

しかし数日経っても症状が改善しないような場合には医師の診察を受けるようにしましょう。
服用期間が長くなると肝臓の機能が低下してしまうこともあるというデータもあります。
稀に重い副作用としてじんましん、発疹、息切れ、血圧低下、意識を失うと言ったアナフィラキシーショックやけいれんが発生することがあります。
また、皮膚や白目が黄色くなったり尿が茶褐色になる肝臓の症状、血が止まりにくい、皮下出血が起きる、血尿、鼻血、歯肉からの出血など血小板が減少してしまうことがあります。
これらの症状が出た場合には重い副作用が起こっている可能性が高いため、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

アーカイブ